シニア世代の方達が利用するきっかけ

SNSは、LINEやFacebook、インスタグラムなど情報交換や意見交換などができることで、利用される人が多くいます。
世界共通という事もあり、色んな世界の人達との交流もできます。
また、最新のニュースや欲しい情報を探せたり、発信したり、話題をいち早く知る事もできます。
SNSは、個人用のアカウントを利用する事もできれば、法人として利用できるサービスもあります。
新商品や新メニュー、オープンするお店の情報などの情報や、キャンペーンなどにも利用できるため、話題性や、知名度の向上にも繋がります。
様々なメリットがあるSNSですが、デメリットや危険性ももちろんあります。
まずは、自分の情報が特定されてしまう危険性がある事です。SNSの情報だけで、学校や会社だけでなく、自宅が知られてしまい、ストーカーされてしまうリスクがあります。
また、コメント欄には、中には悪質な事を言う人がいたりします。良いコメントだけだったらいいのですが、人を傷つけるようなコメントや、傷つけてしまう事もあり、ストレスに感じてしまう事もあります。
日本だけでなく海外でも、SNSを通してイジメにあってしまう子も中にはいます。
不特定多数の人が利用しているため、いじめだけでなく、トラブルに巻き込まれる可能性もあります。中には、詐欺だけでなく、性犯罪もあります。
そのため、SNSを利用する事を検討中の方や、利用している方達には、セキュリティーをしっかり管理する事や、公開範囲の設定をする事をおススメします。

SNSのメリットやデメリット

SNSを利用するきっかけで多いのが、知人や家族にすすめられ、LINEやFacebookを利用される方が多いと言います。 家族や知人との連絡手段だけでなく、状況を把握できることから、若年層だけでなく、シニア世代も利用者が少しずつですが増えています。

シニア世代がSNSを利用する目的

シニア世代がSNSを利用する目的で多いのは、SNSのサービスによっても異なるといいます。 家族の近況を知りたい、趣味の情報を知りたい、面白い写真や動画を閲覧したい、最近のニュースや話題を知りたいという目的が多くあります。 また、昔の知人や同級生を検索して探すなどの目的もあります。

シニアとネットショッピングのつながり

シニア世代がSNSの利用をする人が増えていますが、若年層に比べるとまだまだ少ないと言えるでしょう。 しかし、シニア世代もスマホやパソコンなどの利用する時代です。どちらかといえば日常生活に必要な物やプレゼントなどで利用者が増えているのが、ネットショッピングだと言います。